てんかん・発達障害により障害基礎年金2級を受給したケース

相談時の状況(40代・女性)

8歳の時にてんかんを発症し服薬治療を受け続けていました。週に2~3回の頻度で発作があり、気が付くと時間が経っていることが多くありました。何か食べようとしていたのに気がついたら食器を落として壊れていり、椅子に座っていたのに気がついたら椅子と一緒に倒れていたときもありました。怪我をしていて発作があったことを自覚することもありました。過去4回自分で障害年金の請求をして不支給になっていました。今度こそ、受給資格を得たいと相談にみえました。

社労士による見解

聞き取りをすると、てんかん発作の他に発達障害の診断も受けていました。発達障害により発作間欠時の労働や日常生活にも支障があり、就労ができない状態が続いていました。障害者手帳2級もあり、日常生活の多くの面で家族の援助が必要な状態でした。障害基礎年金請求ができると判断し事後重症請求を行いました。

結果

障害基礎年金2級に認められました。

川崎・札幌・浜松の3エリアに事務所あり。無料相談実施中!
川崎・札幌・浜松の3エリアに事務所あり。無料相談実施中!

初回相談無料

お電話でのお問い合わせはこちらから

受付時間 平日9:00〜17:00(土日祝除く)

  • - 東海にお住まいの方はこちら -

    浜松エリア

    053-528-7556

  • - 関東にお住まいの方はこちら -

    川崎エリア

    044-223-6526

  • - 北海道にお住まいの方はこちら -

    札幌エリア

    011-522-5158

その他エリアにお住いの方、サイトからのお問い合わせをご希望の方

- 24時間受付中 -

お問い合わせフォームへ