アルコール性肝硬変により障害厚生年金2級を受給したケース

相談時の状況(40代・男性)

肝硬変の症状がかなり進行していました。自分で請求を試み診断書と受診状況等証明書の取得をしていました。病歴就労等申立書の作成に時間が掛かり、診断書の現症日が3か月以上経過してしまい提出できなくなってしまいました。自分で請求するのは難しいので請求のサポートをお願いしたいとご相談にみえました。

社労士による見解

10年前にC型肝炎を患っていたため初診がずれて障害基礎年金の請求になる可能性がありました。そのため、C型肝炎は完治しており、肝硬変は飲酒によるものであることを医師に確認し、診断書に記載してもらいました。

結果

障害厚生年金2級に認められ、119万円受給することができました。請求後にご結婚されて奥様の加給金も加算されました。

川崎・札幌・浜松の3エリアに事務所あり。無料相談実施中!
川崎・札幌・浜松の3エリアに事務所あり。無料相談実施中!

初回相談無料

お電話でのお問い合わせはこちらから

受付時間 平日9:00〜17:00(土日祝除く)

  • - 東海にお住まいの方はこちら -

    浜松エリア

    053-528-7556

  • - 関東にお住まいの方はこちら -

    川崎エリア

    044-223-6526

  • - 北海道にお住まいの方はこちら -

    札幌エリア

    011-522-5158

その他エリアにお住いの方、サイトからのお問い合わせをご希望の方

- 24時間受付中 -

お問い合わせフォームへ