転移性肝癌・S状結腸癌術後により障害厚生年金2級を受給したケース

相談時の状況(60代・男性)

便秘が続き食事もできず起き上がることができなくなり夜間救急室を受診しました。腸閉塞を疑われ入院し検査を受けると大腸がんと診断され、肝臓への転移も確認されました。摘出手術を受け定期的に受診し抗ガン剤治療を続けていましたが、再転移がみつかりました。生活費用が必要なため年金事務所に老齢年金の繰り上げの相談に行ったところ、障害年金の事を聞き相談にみえました。

社労士による見解

摘出手術後は一時的に状態が回復しましたが再発後は、疲労感・倦怠感・食欲低下・貧血・低栄養などの症状があり仕事もできず日常生活に大きな支障がありました。認定日の頃は入退院を繰り返しながら抗がん剤治療をしていたため認定日に遡って請求を行いました。

結果

障害厚生年金2級に認められました。遡及も認められました。障害年金を得ることで,生活の不安が解消されると喜んでくださいました。

川崎・札幌・浜松の3エリアに事務所あり。無料相談実施中!
川崎・札幌・浜松の3エリアに事務所あり。無料相談実施中!

初回相談無料

お電話でのお問い合わせはこちらから

受付時間 平日9:00〜17:00(土日祝除く)

  • - 東海にお住まいの方はこちら -

    浜松エリア

    053-528-7556

  • - 関東にお住まいの方はこちら -

    川崎エリア

    044-223-6526

  • - 北海道にお住まいの方はこちら -

    札幌エリア

    011-522-5158

その他エリアにお住いの方、サイトからのお問い合わせをご希望の方

- 24時間受付中 -

お問い合わせフォームへ