末期腎不全と網膜色素変性症で障害厚生年金1級を受給したケース

相談時の状況(50代・男性)

腎機能障害が悪化して、人工透析をすることになったので、障害年金の請求ができないか相談にみえました。

社労士による見解

腎機能の聞き取りをしていた際に網膜色素変性症を患っていることが分かりました。視野狭窄が進んでいたため障害年金の受給ができる可能性が高いと判断し、人工透析と視野障害の2つの病気の請求準備を行いました。網膜色素変性症については、認定日の診断書も取得でき遡及請求ができました。

結果

障害厚生年金1級に認められ204万円を受給しました。視野狭窄による障害厚生年金2級の遡及も認められ860万円を受給することができました。無理に働く必要がなくなり、ご自分に合った仕事をして頂きたいと思います。

川崎・札幌・浜松の3エリアに事務所あり。無料相談実施中!
川崎・札幌・浜松の3エリアに事務所あり。無料相談実施中!

初回相談無料

お電話でのお問い合わせはこちらから

受付時間 平日9:00〜17:00(土日祝除く)

  • - 東海にお住まいの方はこちら -

    浜松エリア

    053-528-7556

  • - 関東にお住まいの方はこちら -

    川崎エリア

    044-223-6526

  • - 北海道にお住まいの方はこちら -

    札幌エリア

    011-522-5158

その他エリアにお住いの方、サイトからのお問い合わせをご希望の方

- 24時間受付中 -

お問い合わせフォームへ