軽度知的障害で障害基礎年金2級を受給したケース

相談時の状況(20代・男性)

軽度の知的障害のため安定した職に就くことができませんでした。家族が障害年金の請求をしましたが不支給になり、もう一度、障害年金の請求ができないかと相談にみえました。

社労士による見解

不支給になってしまったときの診断書は、実際の日常生活の様子よりもできることが多く記載されていました。一人暮らしできるような状態ではなく、家族の援助を必要としていること、就労もできていないことから、医師に日常生活の様子や就労できない状態であること伝え、改めて診断書を作成してもらいました。

結果

障害基礎年金2級に認められ78万円を受給することができました。ご家族様もとても喜んでくださいました。

川崎・札幌・浜松の3エリアに事務所あり。無料相談実施中!
川崎・札幌・浜松の3エリアに事務所あり。無料相談実施中!

初回相談無料

お電話でのお問い合わせはこちらから

受付時間 平日9:00〜17:00(土日祝除く)

  • - 東海にお住まいの方はこちら -

    浜松エリア

    053-528-7556

  • - 関東にお住まいの方はこちら -

    川崎エリア

    044-223-6526

  • - 北海道にお住まいの方はこちら -

    札幌エリア

    011-522-5158

その他エリアにお住いの方、サイトからのお問い合わせをご希望の方

- 24時間受付中 -

お問い合わせフォームへ