発達障害で障害基礎年金2級を受給したケース

相談時の状況(20代・男性)

幼少期は言葉の発達が遅く、友達とは仲よく遊んでいましたが、みんなと同じことができませんでした。勉強は苦手で学校は休みがちで中学校で不登校になりました。心配した親に連れられて病院を受診したところ自閉症と診断されました。その後も自宅に引きこもり、通信制の高校をなんとか卒業しましたが仕事も見つからず昼夜逆転の生活をしていました。他人とコミュニケーションが取れず、身の回りのことは両親が助けてくれています。就労移行支援事業所に通所することになり、今後の生活を考えて障害年金を受給したいと、職員の方と一緒にご相談にみえました。

社労士による見解

子どもの頃に療育手帳を取得されていましたがその後は受診がなく20歳を迎えていました。認定日請求が可能と判断し、すぐに専門医の受診をしていただき、就労支援移行事業所とご家族に就業や日常生活の様子の聞き取りを行い、申立書を添付して請求しました。

結果

障害基礎年金2級に認められ、年額約78万円受給することができました。

川崎・札幌・浜松の3エリアに事務所あり。無料相談実施中!
川崎・札幌・浜松の3エリアに事務所あり。無料相談実施中!

初回相談無料

お電話でのお問い合わせはこちらから

受付時間 平日9:00〜17:00(土日祝除く)

  • - 東海にお住まいの方はこちら -

    浜松エリア

    053-528-7556

  • - 関東にお住まいの方はこちら -

    川崎エリア

    044-223-6526

  • - 北海道にお住まいの方はこちら -

    札幌エリア

    011-522-5158

その他エリアにお住いの方、サイトからのお問い合わせをご希望の方

- 24時間受付中 -

お問い合わせフォームへ