パーキンソン病・躁うつ病で障害厚生年金2級を受給したケース

相談時の状況(50代・男性)

パーキンソン病で体の震えが止まらず筋肉のこわばりもあるため、常に歩行器を使用していました。文字を書くことや話をすることにも支障がありました。数年前から被害妄想もあり気分が不安定で精神科も受診していました。仕事に行くことができず退職になり相談にみえました。

社労士による見解

パーキンソン病と躁うつ病を発病していました。パーキンソン病により手足の筋力が落ち歩行時には歩行器が必要でした。また、幻覚や被害妄想があり、数年前から精神科に掛かり院治療を受けることもありました。休職と復職を繰り返していました。躁うつ病は過去に遡った請求、パーキンソン病は事後重症請求として2つの傷病で請求を行いました。

結果

躁うつ病では障害厚生年金3級で遡及でき、肢体では事後重症請求で障害厚生年金2級に認められました。

川崎・札幌・浜松の3エリアに事務所あり。無料相談実施中!
川崎・札幌・浜松の3エリアに事務所あり。無料相談実施中!

初回相談無料

お電話でのお問い合わせはこちらから

受付時間 平日9:00〜17:00(土日祝除く)

  • - 東海にお住まいの方はこちら -

    浜松エリア

    053-528-7556

  • - 関東にお住まいの方はこちら -

    川崎エリア

    044-223-6526

  • - 北海道にお住まいの方はこちら -

    札幌エリア

    011-522-5158

その他エリアにお住いの方、サイトからのお問い合わせをご希望の方

- 24時間受付中 -

お問い合わせフォームへ