緑内障で障害厚生年金1級を受給したケース

相談時の状況(50代・女性)

コンタクトレンズの購入の際の検診で右目の緑内障を指摘され、定期的に通院して点眼薬をもらっていました。その後に左目も緑内障と診断されましたが仕事は支障なくできていました。病院の勧めで手術を受けましたが、改善が見られず、数年後には視野狭窄もひどくなったため障害者手帳を取得しました。将来を考え、障害年金を受給したいということで ご家族が相談にみえました。

社労士による見解

緑内障と下肢機能の障害があり、障害者手帳は3級持っていました。下肢の障害については、初診が国民年金のため現在の症状からは請求が難しいと判断しましたが、緑内障についは、障害厚生年金の認定基準に該当していることから、障害厚生年金の事後重症請求を行いました。

結果

障害厚生年金1級に認められ、年額約151万円を受給することができました。

川崎・札幌・浜松の3エリアに事務所あり。無料相談実施中!
川崎・札幌・浜松の3エリアに事務所あり。無料相談実施中!

初回相談無料

お電話でのお問い合わせはこちらから

受付時間 平日9:00〜17:00(土日祝除く)

  • - 東海にお住まいの方はこちら -

    浜松エリア

    053-528-7556

  • - 関東にお住まいの方はこちら -

    川崎エリア

    044-223-6526

  • - 北海道にお住まいの方はこちら -

    札幌エリア

    011-522-5158

その他エリアにお住いの方、サイトからのお問い合わせをご希望の方

- 24時間受付中 -

お問い合わせフォームへ