ASD・ADHD・うつ病で障害基礎年金2級を受給したケース

相談時の状況(30代・女性)

正社員で働きはじめると、同期の人と同じように業務を覚えることができず、自信がなくなり1年も経たないうちに退職しました。その後、アルバイトをしましたが、仕事の覚えが遅く叱咤されるため、どのアルバイトも長続きしませんでした。自分は発達障害なのではないかと疑うようになり病院を受診すると、ASDとADHDと診断されました。一般就労を諦め障害者雇用で就労するため就労移行施設に通所を始めました。障害年金のことを教えてもらい、支援員さんと一緒に相談にみえました。

社労士による見解

発達障害に加え二次障害のうつ病も診断もされていました。幼少時代からの様子を詳しく聞き取りし病歴申立書を作成しました。就労移行施設での様子も聞き取りし、就労には支障がありまだ就労先が決まっていないことを申立てた上で障害基礎年金を請求しました。

結果

障害国民年金2級に認められ78万円を受給することができました。

川崎・札幌・浜松の3エリアに事務所あり。無料相談実施中!
川崎・札幌・浜松の3エリアに事務所あり。無料相談実施中!

初回相談無料

お電話でのお問い合わせはこちらから

受付時間 平日9:00〜17:00(土日祝除く)

  • - 東海にお住まいの方はこちら -

    浜松エリア

    053-528-7556

  • - 関東にお住まいの方はこちら -

    川崎エリア

    044-223-6526

  • - 北海道にお住まいの方はこちら -

    札幌エリア

    011-522-5158

その他エリアにお住いの方、サイトからのお問い合わせをご希望の方

- 24時間受付中 -

お問い合わせフォームへ