腎不全で障害厚生年金2級を受給したケース

相談時の状況(50代・男性)

人工透析を今年の1月に行いましたが、シャントがまだ出来上がっていないので入院中です。健康診断で慢性腎不全がわかり一度入院しました。前の職場の健康診断で10年以上前に検査をし、しばらく半年に1度の検診を受けていましたが、家から遠いので別の病院を紹介してもらい、そこからまた半年の経過観察をしていました。
経過観察の途中で別の病気になってしまい、他の病院に入院していたので一時期通うのをやめてしまいまいた。
その後、今の職場の健康診断でステージ4と告げられ、3年入院し様子をみていましたが、今回急に悪化して人工透析を開始しました。年金受給を考えていますが、家に帰れていないので資料を探すこともできないで困っています。

社労士による見解

初診日に厚生年金に加入している場合は、障害厚生年金が請求でき、人工透析は障害年金の2級相当になります。
少しでも早く請求し、受給できるよう調査を進め手続きをしました。

結果

障害厚生年金2級に認められ、年額約82万円を受給することができました。

川崎・札幌・浜松の3エリアに事務所あり。無料相談実施中!
川崎・札幌・浜松の3エリアに事務所あり。無料相談実施中!

初回相談無料

お電話でのお問い合わせはこちらから

受付時間 平日9:00〜17:00(土日祝除く)

  • - 東海にお住まいの方はこちら -

    浜松エリア

    053-528-7556

  • - 関東にお住まいの方はこちら -

    川崎エリア

    044-223-6526

  • - 北海道にお住まいの方はこちら -

    札幌エリア

    011-522-5158

その他エリアにお住いの方、サイトからのお問い合わせをご希望の方

- 24時間受付中 -

お問い合わせフォームへ