交通事故による下肢機能障害で障害厚生年金2級を受給したケース

相談時の状況(30代・男性)

2年前、通勤中に交通事故に遭ってしまいました。すぐに救急搬送され、その後病院で即手術を受けました。その後はリハビリ治療をしましたが、右足に麻痺や痛みが残り、杖なしでは歩行ができなくなってしまいました。復職の目途も立たない状態が続いていました。

社労士による見解

偽関節により杖なしでは歩行ができず、日常生活にも大きな支障がありました。発症前と同じ職種に戻れる可能性が低く、給料の減額も予想される状況でした。
事故の相手から損害補償を受ける場合には障害年金が最長で3年間停止されることも説明し障害厚生年金の認定日請求を行いました。

結果

障害厚生年金2級に認められ219万円を受給することができました。

川崎・札幌・浜松の3エリアに事務所あり。無料相談実施中!
川崎・札幌・浜松の3エリアに事務所あり。無料相談実施中!

初回相談無料

お電話でのお問い合わせはこちらから

受付時間 平日9:00〜17:00(土日祝除く)

  • - 東海にお住まいの方はこちら -

    浜松エリア

    053-528-7556

  • - 関東にお住まいの方はこちら -

    川崎エリア

    044-223-6526

  • - 北海道にお住まいの方はこちら -

    札幌エリア

    011-522-5158

その他エリアにお住いの方、サイトからのお問い合わせをご希望の方

- 24時間受付中 -

お問い合わせフォームへ