軽度知的障害で障害厚生年金2級を受給したケース

相談時の状況(20代・女性)

高校生の頃から学校やバイト先で嫌なことがあると死にたくなり自傷行為をするようになりました。専門学校に進学しましたが、自傷行為が止まらず友達に勧められて病院を受診しました。治療を受けながら就職をしましたが、気分の浮き沈みが激しく、落ち込むと働くことができなくなり、気分が上がると引っ越しをしたり旅行を申し込んだりすることを繰り返していました。

社労士による見解

気分が落ちると倦怠感や希死念慮が強くなり外出もできなくなっていましたが、気分が上がると過活動になり浪費が激しくなっていました。気分の浮き沈みのコントロールができないため、せっかく就労しても継続して働くことができない状況でした。
診断書の傷病名は知的障害となっていたため20歳前障害として認定日請求を行いました。

結果

障害基礎年金2級に認められ、年額約78万円受給することができました。過去に遡及し149万円も受給しました。

川崎・札幌・浜松の3エリアに事務所あり。無料相談実施中!
川崎・札幌・浜松の3エリアに事務所あり。無料相談実施中!

初回相談無料

お電話でのお問い合わせはこちらから

受付時間 平日9:00〜17:00(土日祝除く)

  • - 東海にお住まいの方はこちら -

    浜松エリア

    053-528-7556

  • - 関東にお住まいの方はこちら -

    川崎エリア

    044-223-6526

  • - 北海道にお住まいの方はこちら -

    札幌エリア

    011-522-5158

その他エリアにお住いの方、サイトからのお問い合わせをご希望の方

- 24時間受付中 -

お問い合わせフォームへ