感染症心内膜炎で障害厚生年金3級を受給したケース

相談時の状況(50代・男性)

微熱が続き風邪をひいたと思っていましたが、ふらつきや倦怠感が強くなり高熱が出るようになりました。いくつかの病院を受診しましたが、気管支炎や脳の病気を疑われ、診断名が確定しませんでした。状態が悪くなり意識もなくなり、総合病院に運ばれて検査したところ、感染症心内膜炎と診断されました。心臓弁が菌で侵されていたため緊急手術で人工弁置換とペースメーカーの装着手術を受けました。職場では、体調の悪い日は休ませてもらい、配慮を受けながら何とか仕事を続けていました。

社労士による見解

年金事務所に何度か相談に行かれたようでしたが、体調が悪い中、自分で請求書類を整えるのはとても大変だったようでした。確定診断の前にいくつかの病院に掛かっていましたが、確定診断を受けた病院を初診として請求を行いました。

結果

障害厚生年金3級に認められ116万円 遡及額として135万円を受給することができました。

川崎・札幌・浜松の3エリアに事務所あり。無料相談実施中!
川崎・札幌・浜松の3エリアに事務所あり。無料相談実施中!

初回相談無料

お電話でのお問い合わせはこちらから

受付時間 平日9:00〜17:00(土日祝除く)

  • - 東海にお住まいの方はこちら -

    浜松エリア

    053-528-7556

  • - 関東にお住まいの方はこちら -

    川崎エリア

    044-223-6526

  • - 北海道にお住まいの方はこちら -

    札幌エリア

    011-522-5158

その他エリアにお住いの方、サイトからのお問い合わせをご希望の方

- 24時間受付中 -

お問い合わせフォームへ