てんかんで障害厚生年金3級を受給したケース

相談時の状況(60代・女性)

20歳の頃、くも膜下出血を起こしましたが、リハビリ治療を受け普通の生活に戻れるまでに回復していました。結婚をして普通の生活を送っていましたが、40歳頃からてんかん発作が起きるようになり、同時に記憶力の低下などの症状もみられるようになりました。てんかん発作はくも膜下出血のせいだと医師からは言われていました。

社労士による見解

たまたまご主人様の障害年金の相談にみえた時に、会話の受け答えの不自然さを感じました。何か病気がないかとお話を伺ったところ意識を喪失するほどのてんかん発作が月に数回あり、障害年金の請求ができる症状でした。くも膜下出血の初診時は納付要件がなかったため、てんかん発作の因果関係がないことを医師に確認し、てんかん発作を初診として認定日請求を行いました。

結果

障害厚生年金3級に認められ、年額約59万円、遡及額302万円を受給することができました。

川崎・札幌・浜松の3エリアに事務所あり。無料相談実施中!
川崎・札幌・浜松の3エリアに事務所あり。無料相談実施中!

初回相談無料

お電話でのお問い合わせはこちらから

受付時間 平日9:00〜17:00(土日祝除く)

  • - 東海にお住まいの方はこちら -

    浜松エリア

    053-528-7556

  • - 関東にお住まいの方はこちら -

    川崎エリア

    044-223-6526

  • - 北海道にお住まいの方はこちら -

    札幌エリア

    011-522-5158

その他エリアにお住いの方、サイトからのお問い合わせをご希望の方

- 24時間受付中 -

お問い合わせフォームへ