多動性障害で障害厚生年金3級を受給したケース

相談時の状況(30代・男性)

幼少期から忘れ物が多く、片付けや整理整頓が苦手でした。就職してからは、人間関係をうまく築くことができず、頭痛、吐き気、腹痛などの症状始まり出勤できなくなりました。初めに通院した精神科では仮病ではないかと疑われ辛い思いをしましたが、転院して病院で発達障害の検査を受け、多動性障害と診断されました。相談時は就労支援施設で障害者雇用を目指していましたが、なかなか採用してもらえないため、障害年金も受給したい相談にみえました。

社労士による見解

落ち着きがなく絶えず体を動かしていました。思ったことを口にしてしまうため相手を傷つけ、怒らせてしまうようなトラブルが多く、その都度嫌な思いをしていました。隣人がとても親切で優しい方で、困ったときにいつも相談に乗って面倒を見もらい生活ができていました。障害者雇用の就職も思うように決まらないようだったので、生活のためには障害年金請求のサポートを行いました。

結果

障害厚生年金3級に認められ58万円を受給することができました。

川崎・札幌・浜松の3エリアに事務所あり。無料相談実施中!
川崎・札幌・浜松の3エリアに事務所あり。無料相談実施中!

初回相談無料

お電話でのお問い合わせはこちらから

受付時間 平日9:00〜17:00(土日祝除く)

  • - 東海にお住まいの方はこちら -

    浜松エリア

    053-528-7556

  • - 関東にお住まいの方はこちら -

    川崎エリア

    044-223-6526

  • - 北海道にお住まいの方はこちら -

    札幌エリア

    011-522-5158

その他エリアにお住いの方、サイトからのお問い合わせをご希望の方

- 24時間受付中 -

お問い合わせフォームへ