双極性感情障害で障害基礎年金2級を受給したケース

相談時の状況(20代・女性)

人に合わせることが苦手で、友達とうまく付き合うことができず、学校で孤立していました。中学の頃から不登校になり、自宅で勉強をして大学まで進学しましたが、大学でも友達ができませんでした。就労しても、指示が理解できずミスや間違いが多く、周りに合わせることができませんでした。想定外のことにパニックになり、些細なことでイライラするなど感情のコントロールもできませんでした。障害者雇用で就労していましたが、継続して働くことができず相談にみえました。

社労士による見解

簡単な家事はできていましたが、対人関係が築くことができず、継続して働くことができていませんでした。発達障害の特性が多くみられ、病院でも発達障害の検査を受けるように勧められていることから、2次障害の可能性が高いと思ました。日常生活に大きな支障があり障害年金が必要だと思いました。

結果

障害基礎金2級に認められ78万円を受給することができました。

川崎・札幌・浜松の3エリアに事務所あり。無料相談実施中!
川崎・札幌・浜松の3エリアに事務所あり。無料相談実施中!

初回相談無料

お電話でのお問い合わせはこちらから

受付時間 平日9:00〜17:00(土日祝除く)

  • - 東海にお住まいの方はこちら -

    浜松エリア

    053-528-7556

  • - 関東にお住まいの方はこちら -

    川崎エリア

    044-223-6526

  • - 北海道にお住まいの方はこちら -

    札幌エリア

    011-522-5158

その他エリアにお住いの方、サイトからのお問い合わせをご希望の方

- 24時間受付中 -

お問い合わせフォームへ