双極性感情障害で障害基礎年金2級を受給したケース

相談時の状況(20代・女性)

学生の時から対人関係が苦手で孤立してしまうため、友達と良い関係性が持てませんでした。小学校や中学では不登校になることもありました。成績は良かったので、高校は進学校に進学しましたが、高校生になっても友達関係が築くことができず、想定外のことが起きるとパニックを起こすこともありあました。大学に進学しても状況は変わらず、病院を受診し双極性障害と診断されました。その後は通院しながら、障害者雇用で就労していましたが、継続して働くことができず相談にみえました。

社労士による見解

日常生活の様子を伺うと、ある程度の料理や掃除などの家事はできていましたが、対人関係が築くことができず、そのため継続して働くことができていませんでした。学生時代のお話から発達障害の特性が多くみられ、病院でも発達障害の検査を受けるように勧められていることから2次障害の可能性もあると思い、現在の状況から障害年金の2級相当に該当すると感じました。請求の準備を進めていたところ、20歳の頃に通院していた病院にカルテも残っていて、初診の証明をすることが可能だったので、認定日に遡って請求を行いました。

結果

障害基礎年金2級に認められ78万円を受給することができました。認定日の頃の症状が軽かったため認定日請求は認められませんでした。

川崎・札幌・浜松の3エリアに事務所あり。無料相談実施中!
川崎・札幌・浜松の3エリアに事務所あり。無料相談実施中!

初回相談無料

お電話でのお問い合わせはこちらから

受付時間 平日9:00〜17:00(土日祝除く)

  • - 東海にお住まいの方はこちら -

    浜松エリア

    053-528-7556

  • - 関東にお住まいの方はこちら -

    川崎エリア

    044-223-6526

  • - 北海道にお住まいの方はこちら -

    札幌エリア

    011-522-5158

その他エリアにお住いの方、サイトからのお問い合わせをご希望の方

- 24時間受付中 -

お問い合わせフォームへ