うつ病で障害基礎年金2級を受給したケース

相談時の状況(20代・女性)

中学3年の時に、学校に行けなくなりフリースクールに通いました。高校に入学しましたが、全く環境に馴染めず学校に行けなくなり退学してしまいました。それからは、家に引きこもる生活が始まり、生きていることに価値がないと感じるようになりました。長いこと引きこもり生活をしていましたが、数年後に若者支援センターに通うようになりました。ケアマネジャーさんの勧めで病院を受診し、軽度精神遅滞・うつ病と診断されて通院するようになりました。その後、就労支援施設に通いましたが、負荷が大きく再び家から出られなくなりました。

社労士による見解

二次障害のうつ状態がひどく、家族の声掛けがあっても食事や着替えなのどの身の回りのことができませんでした。常に家族が声掛けをして助けてくれていました。就労移行支援事業所の通所もできていないことから、生活を支えるためにも障害年金が必要だと思いました。軽度精神遅滞とうつ病よる事後重症請求を行いました。

結果

障害基礎年金2級に認められ、年額約78万円受給することができました。

川崎・札幌・浜松の3エリアに事務所あり。無料相談実施中!
川崎・札幌・浜松の3エリアに事務所あり。無料相談実施中!

初回相談無料

お電話でのお問い合わせはこちらから

受付時間 平日9:00〜17:00(土日祝除く)

  • - 東海にお住まいの方はこちら -

    浜松エリア

    053-528-7556

  • - 関東にお住まいの方はこちら -

    川崎エリア

    044-223-6526

  • - 北海道にお住まいの方はこちら -

    札幌エリア

    011-522-5158

その他エリアにお住いの方、サイトからのお問い合わせをご希望の方

- 24時間受付中 -

お問い合わせフォームへ