統合失調症で障害基礎年金2級を受給したケース

相談時の状況(20代・男性)

数年前から統合失調症で障害基礎年金を受給していました。主治医が変わったタイミングに障害年金の更新がありました。新しい医師に診断書を書いてもらい更新の手続きをしたところ支給停止となってしまいました。お金が底をつき、障害年金がもらえていないことを医師に相談して診断書を書いてもらい再び受給できることになりましたが 数年間もらえなかった年金が受給できないかと相談にみえました。

社労士による見解

障害年金の受給期間が長く、症状が改善したことによる支給停止とは考え難い状態でした。新しい医師に症状が伝わっていなかったことが停止の理由と考え、更新を失敗したときに遡って復活の手続きが可能と判断し、遡及時点の診断書を作成して頂き支給停止事由消滅届の手続きを行いました。

結果

支給停止されていた期間の基礎年金をもらうことができました。

川崎・札幌・浜松の3エリアに事務所あり。無料相談実施中!
川崎・札幌・浜松の3エリアに事務所あり。無料相談実施中!

初回相談無料

お電話でのお問い合わせはこちらから

受付時間 平日9:00〜17:00(土日祝除く)

  • - 東海にお住まいの方はこちら -

    浜松エリア

    053-528-7556

  • - 関東にお住まいの方はこちら -

    川崎エリア

    044-223-6526

  • - 北海道にお住まいの方はこちら -

    札幌エリア

    011-522-5158

その他エリアにお住いの方、サイトからのお問い合わせをご希望の方

- 24時間受付中 -

お問い合わせフォームへ