双極性障害で障害厚生年金3級を受給したケース

相談時の状況(30代・女性)

子供の頃から優等生で成績は1番でした。1番を取っても100点を取れないと親に怒られるような家庭でした。家庭内は喧嘩が絶えず、しつけとして父親から暴力を受けることもありました。人間関係が上手く築けず、嫌いな担任だと体調が崩れてしまうこともありました。一流大学に進学し一流企業に就職しましたが、仕事を始めると、こだわりの強さから指示されても自分が納得しないと仕事が進まず、成果を認められませんでした。聴覚過敏があり、耳からの情報が理解できないこともありました。最後には体調を崩し退職しました。退職後は自傷行為を繰り返し、何度も入院して治療を受けていました。

社労士による見解

体調が悪い日は希死念慮が強く、夫の見守りが必要な状況でしたが、週に数日のアルバイトをしていました。料理や掃除などの家事は夫がやっていました。通院歴が長く入退院もあり仕事や家事にも支障が出ていたことから、認定日に遡った請求ができる可能性が高いと判断し遡及請求を行いました。

結果

障害認定日から障害厚生年金3級に認められ年間58万円、遡及で約300万円受給することができました。

川崎・札幌・浜松の3エリアに事務所あり。無料相談実施中!
川崎・札幌・浜松の3エリアに事務所あり。無料相談実施中!

初回相談無料

お電話でのお問い合わせはこちらから

受付時間 平日9:00〜17:00(土日祝除く)

  • - 東海にお住まいの方はこちら -

    浜松エリア

    053-528-7556

  • - 関東にお住まいの方はこちら -

    川崎エリア

    044-223-6526

  • - 北海道にお住まいの方はこちら -

    札幌エリア

    011-522-5158

その他エリアにお住いの方、サイトからのお問い合わせをご希望の方

- 24時間受付中 -

お問い合わせフォームへ