高次脳障害・症候性てんかんで障害厚生年金2級を受給したケース

相談時の状況(50代・男性)

会社帰りに自宅近くで倒れ、病院に救急搬送されました。脳出血があり左半身に軽い麻痺と高次脳機能障害が残ってしまいました。自力での生活が困難になり、区の生活支援センターのサポートを受けていましたが、生活していくためには障害年金が必要でした。

社労士による見解

左半身に麻痺が残っていましたが、歩行もでき、左手を使っての作業もできる状態でした。高次脳機能障害による記憶力や注意力の低下があり、危機管理や金銭管理は全くできていませんでした。まとまりのない会話が多く、理解力も低下していることから、就労や自力での日常生活ができない状態が続いていたことから、認定日に遡り障害年金の請求を行いました。

結果

障害厚生年金2級に認められ137万円受給することができました。

川崎・札幌・浜松の3エリアに事務所あり。無料相談実施中!
川崎・札幌・浜松の3エリアに事務所あり。無料相談実施中!

初回相談無料

お電話でのお問い合わせはこちらから

受付時間 平日9:00〜17:00(土日祝除く)

  • - 東海にお住まいの方はこちら -

    浜松エリア

    053-528-7556

  • - 関東にお住まいの方はこちら -

    川崎エリア

    044-223-6526

  • - 北海道にお住まいの方はこちら -

    札幌エリア

    011-522-5158

その他エリアにお住いの方、サイトからのお問い合わせをご希望の方

- 24時間受付中 -

お問い合わせフォームへ