症候性てんかんで障害厚生年金2級を受給したケース

相談時の状況(50代・男性)

50代に入り、てんかんの発作が起きるようになりました。何度も入院するような発作が起き、徐々に仕事に支障が出始めました。てんかんの発作で階段から落ち、顔を強く打って病院に運ばれたこともあり、障害年金の請求を考えるようになりました。他にも糖尿病などの持病を多く抱えているため、障害年金の請求の方法について相談にみえました。

社労士による見解

糖尿病とてんかんについては請求が出来る可能性があると考えました。相談時は傷病手当金をもらい休職中でした。随意運動が失われるような発作が2月に1回以上は起きていて、仕事に支障がでていることから障害年金の受給の可能性が高いと思いました。

結果

障害厚生年金2級に認められ年間約200万円受給することができました。

川崎・札幌・浜松の3エリアに事務所あり。無料相談実施中!
川崎・札幌・浜松の3エリアに事務所あり。無料相談実施中!

初回相談無料

お電話でのお問い合わせはこちらから

受付時間 平日9:00〜17:00(土日祝除く)

  • - 東海にお住まいの方はこちら -

    浜松エリア

    053-528-7556

  • - 関東にお住まいの方はこちら -

    川崎エリア

    044-223-6526

  • - 北海道にお住まいの方はこちら -

    札幌エリア

    011-522-5158

その他エリアにお住いの方、サイトからのお問い合わせをご希望の方

- 24時間受付中 -

お問い合わせフォームへ