発達障害(知的障害)で障害基礎年金2級を受給したケース

相談時の状況(20代・男性)

Hさんは幼少の頃に発達の遅れを指摘され、高校は支援高等学校に進学しました。卒業後、障害者枠で流通関連の仕事に就き、20歳を機に保護者が障害年金の請求を行いましたが「不支給」となってしまいました。同僚のほとんどが障害年金の受給をしていることもあり、「不支給」には納得することができず、Hさんの母親が当事務所に相談にみえました。

社労士による見解

母親からHさんの様子を聞き取りすると①日常生活は母親サポートなくして日常生活は送れない②ジョブコーチのサポートがあることで何とか仕事ができている状態であることから、受給の可能性があると判断しました。当センターで再請求を行い、無事受給できました。

結果

障害基礎年金2級に認められました。

川崎・札幌・浜松の3エリアに事務所あり。無料相談実施中!
川崎・札幌・浜松の3エリアに事務所あり。無料相談実施中!

初回相談無料

お電話でのお問い合わせはこちらから

受付時間 平日9:00〜17:00(土日祝除く)

  • - 東海にお住まいの方はこちら -

    浜松エリア

    053-528-7556

  • - 関東にお住まいの方はこちら -

    川崎エリア

    044-223-6526

  • - 北海道にお住まいの方はこちら -

    札幌エリア

    011-522-5158

その他エリアにお住いの方、サイトからのお問い合わせをご希望の方

- 24時間受付中 -

お問い合わせフォームへ