変形性股関節症で障害厚生年金3級を受給したケース

相談時の状況(30代・男性)

家族の介護をしている時に体に大きな負荷が掛かり股関節を痛めました。我慢できないほど痛くなり病院を受診すると人工関節を勧められました。手術が嫌で少し様子を見ましたが、痛みが増し歩行もできない状態になりました。病院を受診するとそのまま入院となり人工股関節全置換術を受けました。術後の回復が悪く、痛みで仕事ができない状態になり退職していました。

社労士による見解

初診日から1年半以内に人工関節置換をしていたため認定日の特例で請求ができる方でした。退職していましたが傷病手当金の請求をしていないことがわかったため、傷病手当金の請求と同時に失業保険の受給期間延長の手続きをしていただきました。

結果

障害厚生年金3級に認められ58万円を受給することができました。

川崎・札幌・浜松の3エリアに事務所あり。無料相談実施中!
川崎・札幌・浜松の3エリアに事務所あり。無料相談実施中!

初回相談無料

お電話でのお問い合わせはこちらから

受付時間 平日9:00〜17:00(土日祝除く)

  • - 東海にお住まいの方はこちら -

    浜松エリア

    053-528-7556

  • - 関東にお住まいの方はこちら -

    川崎エリア

    044-223-6526

  • - 北海道にお住まいの方はこちら -

    札幌エリア

    011-522-5158

その他エリアにお住いの方、サイトからのお問い合わせをご希望の方

- 24時間受付中 -

お問い合わせフォームへ