自閉症スペクトラム障害・双極性障害で障害基礎年金2級を受給したケース

相談時の状況(30代・女性)

幼少期から他人と関わることが苦手でした。中学生の頃は、周りの他人へのいじめを見ることでストレスが溜まり不登校になりました。家庭内も不和で、家族から解放されたいと思っていました。大学中退後はバイトを転々とし派遣会社にも勤めましたが、自閉症スペクトラム障害の症状のため、長続きしませんでした。その後、二次障害の双極性障害も発症されました。結婚後も体調が悪く、1日のほとんどを横になって過ごしていました。日常生活のほとんどを夫に援助してもらっていました。

社労士による見解

障害者手帳申請時の診断書の内容が実際の日常生活の様子より軽く書かれていたため、障害年金の診断書を依頼する際には日常生活の様子がしっかりと伝わるように依頼書を作成しました。認定日の頃に受診していた病院は閉院していたため、事後重症請求を行いました。

結果

障害基礎年金2級に認められ77万円受給することができました。

川崎・札幌・浜松の3エリアに事務所あり。無料相談実施中!
川崎・札幌・浜松の3エリアに事務所あり。無料相談実施中!

初回相談無料

お電話でのお問い合わせはこちらから

受付時間 平日9:00〜17:00(土日祝除く)

  • - 東海にお住まいの方はこちら -

    浜松エリア

    053-528-7556

  • - 関東にお住まいの方はこちら -

    川崎エリア

    044-223-6526

  • - 北海道にお住まいの方はこちら -

    札幌エリア

    011-522-5158

その他エリアにお住いの方、サイトからのお問い合わせをご希望の方

- 24時間受付中 -

お問い合わせフォームへ