自閉症スペクトラム障害で障害基礎年金2級を受給したケース

相談時の状況(20代・女性)

母親が病気になり精神的に不安定になりました。母親が病気になったことで父親は毎晩のように酒を飲んで暴れるため環境の悪い中で生活をしていました。小学生のころから心身の不調が続き、中学校では不登校になりました。自傷行為をするようになり、毎日のように悪夢・幻覚に悩まされ複数の病院で入院治療をしていました。医師からは自閉症スペクトラム障害と診断されました。大学生になっても体調不良は続いていましたが、付き合っていた彼(現在の夫)に助けてもらって何とか生活をしていました。その後も障害の特性を理解してくれている夫の援助を受けていましたが、働くこともできないため障害年金の請求をしたいと相談にみえました。

社労士による見解

相談時には、既に認定日の診断書と現在の診断書を持っていました。診断書の内容を拝見したところ、記載漏れ等の訂正や追記などが必要でした。現在の状態や日常生活で困っていることを改めて医師に伝え必要なところを追記。訂正して頂き障害基礎年金の認定日請求を行いまいました。

結果

障害基礎年金2級に認められ123万円受給することができました。460万円の遡及も認められました。

川崎・札幌・浜松の3エリアに事務所あり。無料相談実施中!
川崎・札幌・浜松の3エリアに事務所あり。無料相談実施中!

初回相談無料

お電話でのお問い合わせはこちらから

受付時間 平日9:00〜17:00(土日祝除く)

  • - 東海にお住まいの方はこちら -

    浜松エリア

    053-528-7556

  • - 関東にお住まいの方はこちら -

    川崎エリア

    044-223-6526

  • - 北海道にお住まいの方はこちら -

    札幌エリア

    011-522-5158

その他エリアにお住いの方、サイトからのお問い合わせをご希望の方

- 24時間受付中 -

お問い合わせフォームへ