白内障で障害基礎年金 1級を受給したケース

相談時の状況(60代・女性)

網膜剥離と診断されてから数年間放置してしまったことで、症状が進んで白内障になり、両眼ともほとんど失明状態になってしまいました。その後、障害年金の請求が出来ることを知り、年金事務所に問い合わせて書類一式をもらいました。初診の病院にはカルテがなく、診断書を書いてもらうにも病院にかかっていない為、どのように手続きしたらよいのか全くわからず相談にみえました。

社労士による見解

最初に受診した病院の初診証明を取得しましたが白内障の診察はされていませんでした。相当因果関係がないため白内障と診断された病院を探しましたがカルテはありませんでした。しかし診察券が残っていたことで初診日の時期が確定でき請求することができました。

結果

障害基礎年金1級に認められ、年額約97万円を受給することができました。

川崎・札幌・浜松の3エリアに事務所あり。無料相談実施中!
川崎・札幌・浜松の3エリアに事務所あり。無料相談実施中!

初回相談無料

お電話でのお問い合わせはこちらから

受付時間 平日9:00〜17:00(土日祝除く)

  • - 東海にお住まいの方はこちら -

    浜松エリア

    053-528-7556

  • - 関東にお住まいの方はこちら -

    川崎エリア

    044-223-6526

  • - 北海道にお住まいの方はこちら -

    札幌エリア

    011-522-5158

その他エリアにお住いの方、サイトからのお問い合わせをご希望の方

- 24時間受付中 -

お問い合わせフォームへ