潰瘍性大腸炎で障害共済年金2級を受給したケース

相談時の状況(30代・女性)

若い頃から下痢や下血がありました。少しずつ体力が落ちていき就労するのも辛くなっていきました。年齢と共に体力が落ち仕事もできなくなりました。お腹が張るため病院を受診すると潰瘍性大腸炎と診断されました。難病手帳を取得して自宅で療養を続けている状態でご相談にみえました。

労士による見解

過剰な下痢や下血、腹痛があり、食事が取れないことから栄養失調になっていました。体力がなく強い倦怠感と疲労感、眠気があり一人では外出もできない状態でした。膀胱炎や口内炎を繰り返し、少し無理をしただけで1週間点滴生活になるほど体力が落ちていました。家事や身の回りのことを家族に援助してもらっていることから障害年金の請求サポートを行いました。

結果

障害共済年金2級に認められました。障害年金が生活する上での一つの安心材料になればと思います。

川崎・札幌・浜松の3エリアに事務所あり。無料相談実施中!
川崎・札幌・浜松の3エリアに事務所あり。無料相談実施中!

初回相談無料

お電話でのお問い合わせはこちらから

受付時間 平日9:00〜17:00(土日祝除く)

  • - 東海にお住まいの方はこちら -

    浜松エリア

    053-528-7556

  • - 関東にお住まいの方はこちら -

    川崎エリア

    044-223-6526

  • - 北海道にお住まいの方はこちら -

    札幌エリア

    011-522-5158

その他エリアにお住いの方、サイトからのお問い合わせをご希望の方

- 24時間受付中 -

お問い合わせフォームへ