注意欠陥多動障害・自閉症スペクトラム障害で障害基礎年金2級を受給したケース

相談時の状況(30代・女性)

小学校から落ち着きがなく、忘れ物の多い子供でした。中学校でもこだわりが強く、コミュニケーションが苦手で友達も少なく、一人でいる方が気楽でした。高校を卒業後、定職に就けず職を転々としました。結婚後は専業主婦をしていましたが、掃除や片付け・整理整頓が全くできませんでした。パートの仕事でミスを繰り返し、他の人と同じように仕事ができないことから病気ではないかと思うようになりました。受診すると、注意欠陥多動障害と発達障害(ADHD)と診断されました。

社労士による見解

どんな仕事も長続きしていませんでした。一般雇用で働いていましたが、こだわりが強く仕事場では難しい仕事は一切やらせてもらえず、職場の上司も障害を見抜いていると感じられました。夫の申立書をつけて請求し、障害の現状を明らかにして事後重症請求をしました。

結果

障害基礎年金2級に認められ78万円受給することができました。

川崎・札幌・浜松の3エリアに事務所あり。無料相談実施中!
川崎・札幌・浜松の3エリアに事務所あり。無料相談実施中!

初回相談無料

お電話でのお問い合わせはこちらから

受付時間 平日9:00〜17:00(土日祝除く)

  • - 東海にお住まいの方はこちら -

    浜松エリア

    053-528-7556

  • - 関東にお住まいの方はこちら -

    川崎エリア

    044-223-6526

  • - 北海道にお住まいの方はこちら -

    札幌エリア

    011-522-5158

その他エリアにお住いの方、サイトからのお問い合わせをご希望の方

- 24時間受付中 -

お問い合わせフォームへ