慢性疲労症候群により障害共済年金2級を受給したケース

相談時の状況(50代・男性)

長年重度の疲労感があり、何の病気か分からないままいろいろな病院に通院し慢性疲労症候群と確定診断されました。その後、担当医の異動に伴って他の医院に転院し、服薬治療を受けていましたが、症状が好転することなく仕事を退職しました。普段の生活も一日中横になって過ごす事が多く、寝ても疲れが取れない為、今後の生活に不安を感じ障害年金を申請したいと来所されました。

社労士による見解

20年以上前の初診日の調査や確定に時間がかかりました。調査の結果、ある医院で認定日の診断書と現在の診断書の2通を書いていただくことができました。初診日に共済組合に加入していたことから障害厚生年金の認定日請求を行いました。

結果

障害共済年金2級に認められました。遡及も認められました。障害年金が生活する上での一つの安心材料になればと思います。

川崎・札幌・浜松の3エリアに事務所あり。無料相談実施中!
川崎・札幌・浜松の3エリアに事務所あり。無料相談実施中!

初回相談無料

お電話でのお問い合わせはこちらから

受付時間 平日9:00〜17:00(土日祝除く)

  • - 東海にお住まいの方はこちら -

    浜松エリア

    053-528-7556

  • - 関東にお住まいの方はこちら -

    川崎エリア

    044-223-6526

  • - 北海道にお住まいの方はこちら -

    札幌エリア

    011-522-5158

その他エリアにお住いの方、サイトからのお問い合わせをご希望の方

- 24時間受付中 -

お問い合わせフォームへ