広汎性発達障害で障害基礎年金2級を受給したケース

相談時の状況(30代・女性)

幼い頃から友達と遊ぶことが苦手でみんなの輪に入ることができず自分から話しかけることもできませんでした。勉強が苦手で教科書を見ても内容が理解できず、計算もできませんでした。友達ができずクラスメイトからは陰湿ないじめを受けました。高校では不登校になることもありました。仕事を始めても事務処理が苦手でケアレスミスが多いためなかなか定職に付けず職を転々と変えました。家事ができないことで結婚生活も長続きしませんでした。病院で発達障害と軽度知的障害の診断を受け、初めて自分が人と違うことに気が付き、障害年金の相談にみえました。

社労士による見解

就労移行支援事業所の通所を始めていましたが、朝起きることができず毎日遅刻をしている状態でした。就労の目途もなく、稼得能力もないこと、福祉サービスの利用も検討しているということから障害年金が必要な方でした。発達障害もありましたが、知的障害が診断されているため20歳前障害として障害基礎年金の事後重症請求を行いました。

結果

障害基礎年金2級に認められ、年額約78万円を受給することができました。

川崎・札幌・浜松の3エリアに事務所あり。無料相談実施中!
川崎・札幌・浜松の3エリアに事務所あり。無料相談実施中!

初回相談無料

お電話でのお問い合わせはこちらから

受付時間 平日9:00〜17:00(土日祝除く)

  • - 東海にお住まいの方はこちら -

    浜松エリア

    053-528-7556

  • - 関東にお住まいの方はこちら -

    川崎エリア

    044-223-6526

  • - 北海道にお住まいの方はこちら -

    札幌エリア

    011-522-5158

その他エリアにお住いの方、サイトからのお問い合わせをご希望の方

- 24時間受付中 -

お問い合わせフォームへ