双極性感情障害により障害厚生年金2級を受給したケース

相談時の状況(30代・女性)

ある朝、通勤のバスに乗れなくなりました。仕事に行こうとするとパニックになり、家事もできなくなりました。休みの日は朝から寝てばかりいたため夫に勧められ受診するとパニック障害と診断されました。仕事を退職した後は好きな音楽も聴かず、散歩にも行けない状況になりましたが、躁状態になってお酒を飲むようになり診断名も双極性障害変わりました。うつ状態のときは一日中ベッドの中で過ごし、家事もできずほとんどご主人に頼って生活をしています。病状はなかなか回復せず、ご主人が心配されてご相談に見えました。

社労士による見解

認定日請求ができる方でした。受給中の傷病手当金が終了するタイミングで認定日請求を行いました。障害者手帳を取得し行政のサービスを受けることをお勧めしました。

結果

障害厚生年金2級に認められ、年金額101万円を受給しました。障害年金の受給権を得ることができよかったと安心していました

川崎・札幌・浜松の3エリアに事務所あり。無料相談実施中!
川崎・札幌・浜松の3エリアに事務所あり。無料相談実施中!

初回相談無料

お電話でのお問い合わせはこちらから

受付時間 平日9:00〜17:00(土日祝除く)

  • - 東海にお住まいの方はこちら -

    浜松エリア

    053-528-7556

  • - 関東にお住まいの方はこちら -

    川崎エリア

    044-223-6526

  • - 北海道にお住まいの方はこちら -

    札幌エリア

    011-522-5158

その他エリアにお住いの方、サイトからのお問い合わせをご希望の方

- 24時間受付中 -

お問い合わせフォームへ