人工関節で障害基礎年金2級を受給したケース

相談時の状況(40代・女性)

4歳の頃から膝が痛く病院では川崎病の疑いと言われていました。小学生になって、正座もできず全身に痛みがありました。医師からはリウマチと診断されました。両股関節と両ひざとも人工関節を入れましたが、足は曲がらず、落ちているものも拾うこともできず、日常生活で不便を感じていました。障害年金をもらうことはできるかどうか確認をしたいということでご相談にお見えになりました。

社労士による見解

人工関節装着3級相当でしたが、障害の状態は2級相当に該当すると思いました。初診は子供の頃となり20歳前障害での請求となりました。公務員として働いていたので、収入要件を確認し請求いたしました。

結果

障害基礎年金2級に認められました。 20歳前の所得制限に該当されていたため、減額された年額約39万円を受給することができました。

川崎・札幌・浜松の3エリアに事務所あり。無料相談実施中!
川崎・札幌・浜松の3エリアに事務所あり。無料相談実施中!

初回相談無料

お電話でのお問い合わせはこちらから

受付時間 平日9:00〜17:00(土日祝除く)

  • - 東海にお住まいの方はこちら -

    浜松エリア

    053-528-7556

  • - 関東にお住まいの方はこちら -

    川崎エリア

    044-223-6526

  • - 北海道にお住まいの方はこちら -

    札幌エリア

    011-522-5158

その他エリアにお住いの方、サイトからのお問い合わせをご希望の方

- 24時間受付中 -

お問い合わせフォームへ