うつ病で障害基礎年金2級を受給したケース

相談時の状況(60代・女性)

知らない土地に転勤になった翌年に会社が倒産になり職を失いました。慣れない土地で失業保険をもらい仕事を探していましたが、職が見つからず生活保護を受け始めました。民生委員からは社会人として欠けているなどと心無い言葉を言われ、母親、子供からは生活保護を受けていることを恥ずかしいと罵られました。気分が落ち込み、病院を受診しました。うつ病と診断され治療を受けていましたが、65歳になる前に障害年金を受給したいと考えるようになりました。病院に相談すると、自力での請求は難しいため、社労士に相談することを勧められ、相談にみえました。

社労士による見解

老齢基礎年金が少額なため生活保護課の職員と相談して障害年金の必要性を考えました。保護課の職員とも連携し、診断書費用等を経費で計上してもらえることを確認し、サポート致しました。障害基礎年金は65歳までしか請求できないため、65歳前に請求を行いました。

結果

障害国民年金2級に認められ78万円を受給することができました。安心して療養に専念して頂きたいと思います。

 

川崎・札幌・浜松の3エリアに事務所あり。無料相談実施中!
川崎・札幌・浜松の3エリアに事務所あり。無料相談実施中!

初回相談無料

お電話でのお問い合わせはこちらから

受付時間 平日9:00〜17:00(土日祝除く)

  • - 東海にお住まいの方はこちら -

    浜松エリア

    053-528-7556

  • - 関東にお住まいの方はこちら -

    川崎エリア

    044-223-6526

  • - 北海道にお住まいの方はこちら -

    札幌エリア

    011-522-5158

その他エリアにお住いの方、サイトからのお問い合わせをご希望の方

- 24時間受付中 -

お問い合わせフォームへ